福岡県のディーラーで下取り価格が高くならない3つの理由

 

 

福岡県で車を売ろうとするとき、選択肢としてディーラーの「下取り」と買取専門店の「買取り」があります。

 

しかし、少しでも高く売りたいという場合には、下取りはおすすめできません。

 

ディーラー下取りでは高額査定が期待できない3つの理由があるからです。

 

 

 

1.メンテナンス費用の負担がある

 

自動車メーカー系列ディーラーが車の買取を行った後には、引き取った中古車を自社でメンテナンスすることが一般的です。

 

そのため、ディーラー側が買い取った中古車のメンテナンス費用を持つことになる場合が多く、自ずと下取り時の価格が下がることにもつながっています。

 

メンテナンスの他にも、車内の環境を整えることや、洗車などの細かい作業についても、ディーラー自らで担当するケースが大半を占めています。

 

それらに必要となっていく諸費用の負担が大きいと考えられていることから、下取り時の価格が高くなりにくくなる可能性を高めているのです。

 

福岡のディーラーを含めた自動車販売店は、点検などの細かいメカニックな面のチェックを進める独自の環境が充実しています。

 

これによって高レベルな整備・点検が可能なわけですが、反面、そこで必要となる費用分が転嫁される形式で下取り価格に影響を与えているというのが実情です。

 

 

 

2..在庫として抱えるリスクがある

 

ディーラーでは中古車販売をメインとする場合は少なく、新車販売がメインの業態となります。

 

そのため、買い取った中古車を、長期的に在庫として抱えてしまうリスクが高くなりがちです。

 

新車に比べて販売網自体も小さいことが多いため、積極的に中古車をセールスできない環境にあると考えられます。

 

このような特徴が、中古車の在庫を数か月から年単位で抱え込む可能性を高めることにつながり、下取り価格を下げざるをえないことにも関与していきます。

 

専門的に中古車を販売する店舗や買取を行う業者とは異なるため、高い下取り価格を頑張って出すことは難しいのです。

 

 

 

3.買取とは相場自体の設定が異なる

 

すでに説明したように、新車を取り扱っているディーラーでは、中古車の販売や買取がメインの業務ではありません。

 

そのため、中古車買取に関する下取りの相場自体も、設定の仕方が異なっているという側面があります。

 

買取専門業者は、その名のとおり中古車を仕入れしてなんぼの商売です。

 

それゆえに積極的に高額での査定見積を提示することが一般的になっている一方で、ディーラーではその相場の設定基準が総じて低めとなっています。

 

メイン業務ではないことに加えて、中古車の買取や下取りについてのノウハウが充実していないことも、下取り価格が低めになる要因として考えられます。

 

現在では中古車の取り扱いにも注力する福岡のディーラーも少しづつ増えつつあるものの、以上のような特徴から、今後も同様の状況が保たれていくのではないかと想定されます。