車の買取業者とのトラブルを避けるためには

 

 

愛車を処分するにあたって販売店やディーラーの下取りではなく、買取専門店を利用する人は年々増えています。

 

その一方で、近年、多く聞かれるようになったのが、ユーザーと買取店の間の売買トラブルです。

 

自動車の売却時に起こるトラブルとは?その予防方法についてお伝えします。

 

 

 

もっとも多い「強引な勧誘」

 

買取店とのトラブルで、消費者生活相談センターに寄せられる相談がもっとも多いのが「強引な勧誘」についてです。

 

買取専門店で査定を受け、まだ売却するか迷っている客を強く勧誘し、断りきれなくなって契約してしまうというケースが目立つといいます。

 

また、多くの買取店が行っている無料出張査定を利用した場合、「わざわざ自宅まで足を運んでもらったのに断るのは悪い」という心理から、納得のいかない契約を結んでしまうというケースもあります。

 

契約成立後に解消を申し入れた結果、違約金を請求された事例もあるといいます。

 

 

 

トラブル回避には消費者の側にも心構えが必要

 

もちろん強制的に契約を締結させるのは違法行為です。

 

また、業者には違約金や解除金を請求する前に、そのような規約があることの説明責任もあります。

 

ただ、業者も商売上、「せっかく来店した客を他店に取られたくない」という思いから多少強引な勧誘になることは珍しいことではありません。

 

自動車業界に限ったことではなく、どの業界でも起こりうることです。

 

さらに、最終的には売買契約に同意しているのですから、消費者の側にも責任は発生します。

 

そのあたりを心得て、納得できない取引は行わないという強い意志が必要でしょう。

 

 

 

車買取の悪徳業者に出会わないためには

 

中古車買取業者のなかには無認可で営業している会社や、いわゆる悪徳業者と呼ばれるようなあくどい詐欺商法を行っているところも少なからず存在します。

 

そういった相手と関わってしまえば、トラブルはさらに起こりやすくなると言えるでしょう。

 

そんなことにならないようにするには

 

全国的に知られた有名企業だけを利用する

 

優良企業だけが加盟している『一括査定サービス』を利用する

 

といった方法があります。

 

一括査定サービスを利用することで、「買取店同士が競合して愛車の査定金額がつり上がりやすい」というメリットもありますからおすすめです。